2014年8月31日日曜日

完璧さへの憧れと不完全さへの恐れ



それが純粋な目的となると結構しんどいかもしれませんが、完璧を目指すことはあくまでも手段としては必要なことだと思います。
私は大変人間的に欠陥の多い人間で、これまで人並みに暮らしてこれたのも、家族をはじめとした周囲の方のおかげだと心底感じずにはいられません。
それでも、完璧になろう(≒欠陥を減らそう, 治そう)としています。
でも最近、自分はただ"不完全さを怖がっている"だけなんだなあと思います。

現在、ひょんなことからタイに滞在しています。
これまでも、その多くが学会・出張等であったとはいえ人並みくらいには外国に行ってきましたが、徐々に一人旅で"楽しい!ワクワク!"ではなく"1人だと寂しいなあ"と思う機会が増えてきたことに何か衰えを感じずにはいられません。

しばらくタイには滞在するつもりなのですが、海外にいると自分が"完璧を目指す人間"ではなく"不完全を恐れる人間"なんだなあと思います。
例えばここタイではあまり英語が通じず、日本語と英語しか話せない自分には言語面でのハードルが比較的大きいのですが、それだけでちょっと気負ってしまいます。
しかしながら当然これまでタイはおろか東南アジアを訪れたこともない自分がタイ語を話せないのは当然のことで、そこで負い目を感じるよりはそれを楽しむことだって(理想論ですが)可能なはずです。

思えば、ずっと田舎で育ってきた中学生の頃、初めてカリフォルニアに住んだ時には、全く英語も話せず日本以外でのルールや危険も理解せず、とにかく"楽しい!こんな世界があるんだ"と思っていましたし、Doという単語を知らずI am not like banana (私はバナナが嫌いです、の意)でずっと通していました。
今思えばただの無知からくる蛮勇だったのかもしれませんが、それでも"変な英語使いやがって"と思われることにそんなに抵抗はなかった気がします。

ちょっと買い物するにも電車に乗るのにもガイドブックで調べてから出かけるのは、勿論良いことなのでしょうが、我ながら違和感がありありです。

"不完全さを怖がらない"ということは別に"ありのままでいいんだよ"とかレリゴ〜レリゴ〜ではなく、"自身の欠陥を欠陥により生じる不都合を通して実感できる"ことかと思います。
失敗を恐れてもいいけど、失敗をおかすことは恐れないというのでしょうか。

成長への最も確実な方法は、自身が快適な環境を飛び出しシャカリキ頑張ることだと思います。
そういう点で、”完璧を目指すこと”ではなく”不完全さを恐れている”状態ではなかなか成長できません。こうやって文章にすることで思考が整理できたので明日からはウザがられてもタイ語でしゃべる練習をしようと思います。

そういえば、今後大きな企業の管理職は英語とプログラミングが共通言語となり、そこから他の言語を話せたり言語開発のレベルまで出来ることが付加価値になるだろうという話を以前聞いてふ〜んそうなのかなと思いました。
自分の子供が大きくなった時には親父よりも遥かにハイスペックを求められるのはかわいそうだなと思いましたが、親父がコレだと管理職にはなれそうにも無いので杞憂だなと気付きました。

日本以外に滞在する時には歯ごたえの良い青リンゴを栄養源&間食としてよくかじっています。

2014年8月17日日曜日

日本語がうまいということ

グローバルとかリーダーシップとかイノベーションとかクリエイティブとかバズワードが飛び交う世の中ですが、自分の「グローバルで無さ」よりも「日本語の下手さ」を実感することが多い今日このごろです。

英文をネイティブ・チェックしてもらうと色々な細かい点に修正が入るのは当然のことですが、日本語で書いた文章を後で見返してみても結構修正が多いのに驚きます。
(例えば「後で見返す」というのは「見返す」という言葉自体に「後で」という意味が含まれているのではないか?とか)

多分私が日常的に書く書類の量というのはそれほど大したことはないと思うのですが、例えば資金獲得などのためにちゃんとした文章を書くと結構な時間がかかります。
勿論書いた数だけ文章の作成スピードや質は上がっていくと思うのですが、「こなれた感」はある割にイマイチグッと来る文章になっていかないのも事実です。

実際のところ文章の上手さというのは語彙の豊富さや文章的な技巧だけでなく、「どれほど伝えたいことがあるか」とか「どれほど内容に自身が納得しているか」にも大きく影響されるものです。
仕事の文章のクオリティ向上などはロジカル・ライティングなどの本で補えるところが大きいのではないかと思いますが、それが言説の「面白さ」には残念ながら直結しないようにも思います。

自戒の念を込めて、自身の伝えたいことを日本語で伝えられるようにという意識がもっと必要だと思います。グローバルな人材を育てたいといって躍起になっても、グローバルであること自体が目的化している場面が散見されたり特にグローバルである必要がない人をグローバルにすることの無意味さを若干ながらも感じているからです。

「グローバルな人材」というのがアメリカの大学で学位を取る/ 国際機関で働ける/ 外務省に勤務できる/ 国際的な企業で働けるといったどうも対症療法的な定義になっていたりすることも多く、そういったゴールが格好よく見えるのはわかります。またパッケージの美しいものを獲得するには勿論それなりの苦悩があると思いますし、そういった経験を一次経験として体験していない自分には決して否定出来るものではありません。(特に否定する気も無いのですが)

ただ結局、伝えたいことがある人ってどのくらいいるんだろうなあと疑問にも思います。
結局日本語の下手さというのは伝えたいことの薄さにも起因すると思うので、結局自分の日本語の下手さというのは「面白く無さ」であり上記の薄さが原因なんだろうなと思います。

ということでブログが役に立つかはあまり分かりませんが、日本語のうまい人間になるために日本語のうまい人の文章を読んだり伝えたいことは形にして確認したいなと思っています。


あとがき
画像がないとポップさに欠ける記事になりますね。

2014年7月5日土曜日


吉田修一が好きです。
といってもそれほど多く、氏の文章を読んだことがあるわけではなく、15歳位の時に読んだ"パーク・ライフ"という小説がすごく印象に残っているというのが吉田修一氏を好きな理由に他なりません。

年に数十冊は本を読む平均的な読書人間ですが、恥ずかしながら読んだ本の内容は殆ど覚えていません。なので、流行の本などを読んだ後に感想を聞かれても返答に窮するのが恒例です。

鹿児島出身の私は年に1, 2回は帰省するのですが、マイルを溜めたい一心で大概ANAを利用します。東京ー鹿児島は概ね1.5時間ほどで読書や睡眠には最適な時間かと思いますが、私はまず機内誌を読んでいます。
機内誌に対するANAの情熱がや競合他社との比較がどうかは存じ上げないのですが、機内誌”翼の王国”内の吉田修一氏のエッセイをいつも楽しみにしています。
エッセイというと何となくオシャレな(anan的な)イメージがありますが吉田修一氏のエッセイは何となくほっとするとともに、文章を書くモチベーションを高めてくれるエッセイです。
多分私が中学生だか高校生だかの頃に感じた、何となく惹かれる文章のエッセンスが含まれているのかもしれません。

もともとYahooで超弱小ブログを営んでいましたが、実質休止状態にありました。
今こうやって社会に何のインパクトもないブログを再開したのも吉田修一氏のおかげかもしれません。
文章を書くことは時に苦痛ですが、概ね思考の整理に大きく役立つというのが私の印象です。
誰にも見せない文章でも、文法を完璧にすべく努力したり言葉遊びなどの要素を加えてみるときっと洞察が得られる事があるのではと思います。
軽視されがちですが、手を動かして何かを形にし失敗することで学ぶことのインパクトは侮れません。

言いたいことが吉田修一と随分離れてしまったのでこの辺で。
ANAユーザーの皆様は是非ご覧になられてください。

2014年6月26日木曜日

目白 田中屋


夏から3ヶ月ほどタイに行くことになり, お盆に帰省できなくなることから, 先週木曜日から1週間弱実家(鹿児島)に帰っていました.
結論を言うと8月頭出発だった予定が1ヶ月ずれ9月頭になったので, 中途半端な時期に帰省してしまったのですが.

父の日のプレゼントを遅ればせながら渡すために, 帰省する前に父親に電話をしたのですが「特に何も要らんよ」との予想通りの返事であったため

  • ゴルフ用品(ウェアとか)
  • 普段の着替え(もっぱらポロシャツの父に)
  • お酒
で考えましたが, 電話で「やっぱウイスキーはうまいぞ」と言っていたのでウイスキーを買うことにしました.
私自身ウイスキーが好きでよく飲むのですが, 話をしながら飲むウイスキーはまた旨いものです。廉価なお酒でも喜ぶとは思うのですが, よくウイスキーを買いに行く目白の”田中屋”さんで買うことに.

田中屋は酒好き・ウイスキー好きのパラダイスです。
純粋に珍しい酒があるだけではなく, ボトラーズなどのチョイスや細かな解説など私のような素人でも十分に楽しんでセレクトできるお店です.
よく, いかにもバーテンダーっぽいひとが手際よく買っていくのを憧れの眼差しで見ているわけですが.

色々迷ったのですが, 自分好みのチョイスにしてしまうとどうしてもアイラなどに行ってしまうため, 結局”イチローズ・モルト”を購入しました.
喜んでくれたのは勿論のことウイスキーも大変美味しかったです.

奥さんが私の誕生日にはいつもウイスキーを買ってくれるのですが, いつも田中屋で購入しています. ウイスキーだけではなくワインもブランデーもシェリーもビールもとにかくなんでもあるのですが, ボキャブラリーを鑑みるとうまく説明できそうにありません.

目白駅降りてすぐ, マクドナルドの横の階段をくぐればそこはもう楽園.
ご興味のある方や家でお酒を飲むのが好きな方は是非行かれてみてはいかがでしょうか.

2014年6月9日月曜日

移転しました

以前書いていたYahoo!ブログよりこちらに移転しました.

特に意味があるわけでもないのですが, ジャンルを絞らず文章を書く場所としてゆるりと書いていけたらいいなと思っています.
よろしくお願い申し上げます.